NPOを元気にする課題解決ノウハウバンク『困ったときのゲンバの知恵袋』

ノウハウバンクHOME > 資金調達( ) > 会費、どのくらいの金額?

会費、どのくらいの金額?


 多くの団体では、活動の支援者、協力者、受益者などを募って、会員制度を持っており、それらの会員から一定額を会費として定期的に負担してもらっています。会員の位置づけは団体により異なり、会費の位置づけもさまざまです。その金額や集め方も、団体の考え方によって異なります。

 会費を集める場合、自分たちが会員とどのように関わりたいのか、またどんな位置づけをするのかをよく考え、それにかなった方法をとるよう検討しましょう。たとえば、賛同者を増やしたいのに、会費を高く設定しすぎて、思い通りに会員が増えない。あるいは逆に、活動資金の獲得を目的とするのに、金額の設定が低すぎ、会員は多数集まるが、会員管理コストに見合わないなどという事態になりかねません。

 入会して欲しい人、入会してもらえそうな人の人物像を具体的に描けると、払ってもらえそうな金額や払いやすい方法なども、検討しやすくなるでしょう。

 

個人と法人・団体で、会費が異なります 

 趣旨に賛同し、活動する「正会員」と、活動はできないが、趣旨に賛同する「賛助会員」に分けています。会費は、個人が入会金500円と年会費2000円、法人・団体が、入会金500円と年会費3000円です。    

 このノウハウは【NPO法人 横浜移動サービス協議会】からのものです。

 

・個人3000円(年額)、団体:一口5000円(年額)。そのほかに、プレイリーダーの人件費にあてる「プレイリーダー基金」、横浜市「道志の森基金」に寄付する「水基金」など、使途を限定した基金を設定しています。

このノウハウは【片倉うさぎ山公園あそび場管理運営委員会】からのものです。

 

学生割引があります

・会費は、正会員は年額個人 1万円、団体 4万円。別途、入会金として3000円かかります。議決権を持たないフレンドシップ会員は、個人 5000円(学生:3000円)、団体 2万円。別途、入会金として3000円かかります。

このノウハウは【NPO法人 STスポット横浜】からのものです。

 主体的に一緒に活動するスタッフのうち、月2回の運営会議に半数以上出席することを条件とする「運営会員」の会費は一般が年額4000円、学生が半額の2000円。条件を満たさない「準運営会員」は3000円。資金面で活動を応援する「賛助会員」は、一口6000円に設定しています  

このノウハウは【NPO法人 かながわユースボランティアりんぐファクトリー】からのものです。

 

地域内の人と地域外の人で、金額を分けています

 年会費は、地域内の人は1500円、地域外の人は2500円。地区外の会員の会費が若干高いのは、シニアクラブは自治会から補助金をもらっていることを配慮しているからです。「会費は、比較的高めです。これは、魅力ある活動を維持するためです。会費を安くして、活動の質が下がってしまうようなことは避けたいと考えています。」

このノウハウは【桂山クラブ】からのものです。

 

会費の金額を改定しました

会員は、運営会員、賛助会員、一般会員の3種類です。
・運営(正)会員:年会費12000円。NORAの活動を積極的に担います。総会の議決権があります。
・賛助会員:年会費一口10000円。当会の活動に賛同し、資金面で会を支援します。
・一般(準)会員:年会費3000円。当会の提供するイベント情報等を、優先的に受け取ります。

設立7年目に、会員の名称と会費の金額を改定しました。当初、正会員は年会費を20000円に設定、間口を狭くし、準会員は、当会を支えてくれるサポーターと位置づけ、数を多くしようと、会費を2000円と低く抑えていましたが、正会員を運営会員とし、少し拡大をねらって、会費を12000円に、準会員を一般会員として、財源獲得のため、3000円に増額することに見直しました。現在は、100人強の会員のうち、一般会員が70名ほどを占めています   

 

このノウハウは【NPO法人 よこはま里山研究所(NORA)】からのものです。





PAGE TOP
ノウハウバンクHOME > 資金調達( ) > 会費、どのくらいの金額?
フッター
Copyright © 2010 NPO法人市民セクターよこはま ALL RIGHTS RESERVED.