NPOを元気にする課題解決ノウハウバンク『困ったときのゲンバの知恵袋』

ノウハウバンクHOME > 財務・税務( ) > 収支計算書と損益計算書の違いは?

〜税金や税務署とのお付き合い

収支計算書と損益計算書の違いは?


収支計算書は、期首から現在までの収入と支出を表示します。具体的には、資金の増減を記載したものです。
 なお、「資金」とは何をいうのかは、活動開始時に、それぞれの法人で「会計方針」として定めます。つまり、当法人では、現預金だけを資金とするのか、未収未払い金など短期金銭債権債務を含めるのかを、決めておきます。売掛金・買掛金以外の未収未払金は含めなかったりする場合もあります。たとえば、商品を翌月払いで販売した場合、「現預金だけを資金の範囲とする」と決めておくと、商品発送時点では現預金が増加しないので、支払われるまでは収入ではありません。未収未払金を資金に含める場合には、たとえ入金がなくても債権が増加(財産が増加)しているので、収入となります。通常は未収未払金を資金に含めるのが一般的でしょうが、商品を販売しても回収するまでは安心できないから資金を現預金に限定する、というようなこともあるでしょう。このようなことを、それぞれの団体でどうするのか、「会計方針」として決めておくのです。ちなみに会計方針として、その他に、取引の認識(現金主義か、発生主義か)、会計処理方法(資金収支型、企業会計型、公益法人会計型のいずれにするか)などを決めておくと良いでしょう。
 一方、損益計算では、商品を発送すれば売上げと認識しますから、収入になります。
損益計算と収支計算で、特に違うのは資産の購入でしょう。損益計算では資産の購入は計上されず、減価償却費が計上されます。収支計算では減価償却費は計上されません。
収支計算書は、あくまでキャッシュフローを把握するためのもので、利益・損失を計算するための損益計算書とは作成目的が違います。
なお損益計算書の他に、団体の財産の状況を明らかにするためには、プラスの財産とマイナスの財産の一覧表である「貸借対照表」を作成します。事業活動を通じて得た純利益は、損益計算書から貸借対照表の資本に組み入れられます。

 

貸借対照表
資産(現金、普通預金、定期預金、未収金、貸付金、前払費用、電話施設利用権等)
負債(前受金、預り金、借入金、未払金、未払費用等)
純資産(修繕積立金、保険積立金、前期繰越剰余金、当期剰余(欠損)金等の純財産)
 
 
 
 
 
 
 

 





PAGE TOP
ノウハウバンクHOME > 財務・税務( ) > 収支計算書と損益計算書の違いは?
フッター
Copyright © 2010 NPO法人市民セクターよこはま ALL RIGHTS RESERVED.